精密機械系の企業に転職するにあたって

>

転職を成功させるために

どんなものが精密機械なのか

精密機械と聞くと、何やら難しそうなイメージで、どんなものかわからないという方も多いでしょう。
精密機械とは一体どのようなものを指すのか調べてみたところ、具体的にどの範囲までを精密機械とするかは、少し曖昧なところもあります。

基本的には、機械を製造するうえで、高度な技術や精密さが求められるものは精密機械となるのですが、細かな作業が必要だから必ず精密機械に当てはまるのかと問われると、そうではないようです。

例え精巧さや精密さが求められる機械であっても、機能的な性能がそこまで高くない機械の場合には精密機械には当てはまらず、この曖昧さが精密機械とはどんなものなのか、その定義を難しくしている原因かもしれませんね。

精密機械の具体例

精密機械というのは、その機械をつくるにあたり、非常に高度な技術や精度を要求されるものということは分かったかと思いますが、では具体的にどのような機械が精密機械に当てはまるのかご存じでしたか?
わたしたちの身の回りにおいて、身近なもので言いますと、例えば時計やカメラ、他にもオルゴールなど、作るうえで複雑さを要求されるものが精密機械にあたります。

しかしながら、現在では技術の高度化も進み、様々な電子機器などが作られるようになってきたため、主にこちらを精密機械として指すケースの方が多いかもしれませんね。
電子機器と言ってもいろいろな物がありますが、馴染み深いもので言いますと、パソコンや電子辞書がそれに当たります。